更年期症状と遺伝の関係、予防策としてのサプリメント

Posted on

更年期のリスクには個人差があります。
酷い体調不良に苦しむ人々もいれば、まるで体調の変化を実感しない方々もいます。
そもそも人間の体は個人間の差が大きく、遺伝や生活習慣の関係によって、更年期の影響の大小も変化します。基本的には規則正しい生活を続ける事で、そのリスクを小さくする事が出来ます。
ただ、遺伝的な要因によって体調不良を抱える人々がいるのも事実です。
毎日理想的な食生活を実践していても、酷い更年期症状に悩む女性は少なくありません。

あるいは、自分目線では規則正しい食生活を実践しているつもりでも、どこかに栄養素の偏りがあるのかもれません。
元々日本人は他国の人々に比べて炭水化物や塩分を摂取し過ぎだと指摘されています。
いずれ訪れる更年期のリスクを軽減したい方は、予防的にサプリメントを食べてみましょう。
中高年に適したサプリメントが、今では一般的に販売されています。
小さなソフトカプセルタイプの製品なら、自宅でも簡単に利用出来ます。
水とコップがあれば、即飲み込めます。粉薬だと飲むのにコツが要りますが、ソフトカプセルタイプなら水といっしょに喉の奥まで流し込むだけでオーケーです。
サプリメントは医薬品とは違い飲み合わせの危険性がありません。
複数の製品を一度に利用する事も可能です。予防策として、毎日の摂取を習慣に取り入れている日本人が増えつつあります。
親や兄弟が更年期で苦しんでいた方々は、家系的に自分もそのリスクに悩む恐れが高いです。

http://www.claris.org/