血液サラサラにするには運動は必要?

Posted on

血液サラサラの基本は食生活の改善にありますが、適度な運動も拍車をかけてくれます。
有酸素運動は大量の酸素を必要とするため、カロリーの燃焼力を上げてくれるのです。
例えばジョギングをすればカロリー消費が期待できますが、そのカロリーはそれほど大きいものではありません。
それよりも代謝を促進して、痩せやすい身体に変えてくれるメリットのほうが大きいのです。
摂取カロリーが同じならば、代謝力に優れた人のほうが痩せやすいのは間違いありません。
肥満を防ぐことは血液サラサラにもつながるので、生活習慣病を予防するためにも役立ちます。
生活習慣病の多くは血流に問題があって生じるので、まずはここから改善をしていきましょう。

運動は1回あたり20分を目安として、1日1~2回くらい行うとよいでしょう。
義務的になると苦痛を感じてしまうので、その日によってメニューを変えるのもよいです。
ただ、毎回同じメニューを習慣化したほうが楽という方もいるので、ここは自分の好みで変えて問題ありません。

血液サラサラになると細胞の燃焼力が向上するので、全身が引き締まってくるのがわかります。
たるみが生じていると実体重よりも太って見えてしまうので、引き締めていく必要があるでしょう。
特に二の腕、お腹などはたるみが発生しやすい部位なので、これらを効率的に動かせるメニューがおすすめです。
動かした部位はさらに代謝が高まり、脂肪が付着しにくくなるのです。
肥満を解消することも大切ですが、もっと大切なのは太らない身体になることでしょう。血液サラサラ食べ物としては、納豆などが人気ですね。