未分類

任意整理と過払い請求はどう違う?

Posted on

任意整理をすると、過払い金がある場合には必ず過払い請求をして、借金から引きなおし計算がされます。そのため、任意整理と過払い請求はセットとして考えられることが多いですが、実は両者は異なる手続きです。

過払い金とは、利息制限法の定めを超えた金利で借金を返済していたときに発生する、払いすぎた利息のことです。この場合、金融機関が法律違反をしていたことになるので、債務者に非はありません。そのため、当然に払いすぎたお金は返還してもらうことができると考えられています。裁判をすれば、100%の過払い金だけでなく、弁護士費用なども上乗せできることがあります。ブラックリストにのってしまうといったデメリットもありません。

任意整理とは、借金の返済が困難になったときに、交渉をして借金を減額してもらう手続きのことです。本来結んでいた契約は、契約違反として解除されてしまいます。そして、新しい和解契約を結びなおします。重大な契約違反となるので、金融機関からの信用は失い、ブラックリストにのってしまいます。そのかわりに、利息と遅延損害金は免除してもらい、残った借金も無理のない分割払いにしてもらえます。

このように、任意整理と過払い請求は、どちらに非があるかという点で、大きな違いがあります。前者は債務者に非があるので、ブラックリストにのってしまいますが、後者は債務者に非がないので、デメリットは特にありません。弁護士は勝手に任意整理をしてしまうことはありませんので、まずは相談をしてみましょう。